大学院生は、TA (Teaching Assistant) として学群や大学院の授業の補助を行う機会があります。
博士後期課程の大学院生には、 TAに加えて、TF (Teaching Fellow) として授業担当教員とともに授業に参画する機会、RA (Research Assistant) として教員との共同研究を行う機会などがあります。

ティーチング・アシスタント (TA)

担当:大学院教務

TA業務の詳細に関しては、TAハンドブックをご確認ください。

2022年度秋学期 ティーチング・アシスタント(TA)の申請方法(2022.6.27更新)

2022年度秋学期にTAとしての勤務を希望する学生は、[ 2022年度秋学期TA募集科目一覧 ]を参照し、
研究指導教員と相談のうえ、「TA連絡先教員」に連絡し承諾を受けてください。
採用が内定した学生は、提出期限までに必要書類を提出してください。

書類提出期限  : 2022年8月12日(金)期限厳守
書類提出先  
図書館情報エリア支援室 大学院教務(7B201) 
         メール提出の場合:書類をPDFファイルにして以下のアドレスに送付する。
         ただし原本が必要な書類はメール提出不可。
         tosyoss-daigakuin@un.tsukuba.ac.jp
         郵送の場合:以下の住所に送付する。
         〒305-8550 茨城県つくば市春日1-2
         筑波大学図書館情報エリア支援室 大学院教務

なお、TAとして勤務するにあたり、こちら(研究費の不正使用に関して)も必ずご確認ください。

令和4年度全学TA研修会

TAを担当する学生は、令和4年度全学TA研修会の受講が必須です。
令和3年度以前のTA研修会に参加した方も受講必須です。
参加確認ができない場合は、TAを担当することができません。

受講方法等詳細は追って連絡いたします。

INFOSS情報倫理

TAを担当する学生は、INFOSS情報倫理の修了が必須です。
修了していない在学生は、必ず修了テストに合格してからTAを申請してください。

受講方法等の詳細は[こちら]

TA任用のための必要書類

1.申請書 [WORD] [PDF]
・研究指導教員、TA連絡先教員から必ず承諾を得て、押印をもらってください。
・教員から押印をもらうことが難しい場合、大学院教務へご相談ください。
・勤務方法については、予めTA連絡先教員に相談・確認をしてください。

2.学生証(写)
・A4サイズの用紙の片面に、学生証両面をコピーしてください。
・2022年度10月入学者は提出不要です。

3.給与の振込先等登録依頼書 [EXCEL] [PDF] 記入例[ゆうちょ/その他金融機関]
・職員番号の欄は記入不要です。

4.令和4年 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書 [PDF
・両面印刷してください(短辺綴じ)。
・住民票登録の住所を記入してください。
・記載内容に変更(住所や扶養状況等)が生じた場合は、大学院教務に再提出してください。
・ 2022年1月1日以降に、筑波大学又はその他事業所に提出した学生は提出不要です。

5.個人番号(マイナンバー)確認書類(写)
・今までに筑波大学に提出したことのある学生は、再提出不要です。
・提出したことのない学生は、大学院教務窓口に申し出てください。提出用封筒をお渡しします。

6.自宅パソコンの設定確認書 [PDF]  ※原本が必要なのでメール提出不可
・在宅勤務の場合、使用するPCの設定を確認してこちらの書類を提出してください。
・署名は自筆でお願いします。

7.【外国籍の方は、以下の書類も提出してください】
・在留カードの写し(A4サイズの用紙に在留カードの両面をコピーしてください。)
・給与振込先通帳のカナ氏名を確認できるページの写し

TA業務終了後

TA業務完了報告書を作成し、TA連絡先教員に評価を記入してもらったうえで、
大学院教務まで提出してください。(教員の署名・押印は不要)[EXCEL] [PDF]

連絡先:図書館情報エリア支援室 大学院教務 tosyoss-daigakuin@un.tsukuba.ac.jp

リサーチ・アシスタント (RA) ※今年度の募集は終了しました

担当:研究支援

2019年度 秋学期リサーチ・アシスタント (RA) の募集

2020年度採用分特別研究員-DC1申請者で、2019年10月に博士後期課程へ進学した者を対象として、リサーチ・アシスタント(以下RA)の秋募集を行います。

RA業務の委嘱を希望する場合は、10月15日(火)17:00までに、指導教員から3F図書館情報エリア支援室研究支援担当に「RA候補者推薦調書」を提出してもらってください(「RA候補者推薦調書」は、指導教員が入手可能。その他詳細は、指導教員にご確認ください。)。

募集にあたっての留意事項

※委嘱されたRAは、研究補助業務を行うことにより、謝金が支給されます。今年度は、月額単価を4万円(目安として月27時間程度)と設定しています。
※本募集は、博士後期課程在学生を対象としています。
(なお、休学中及びRA研究補助業務実施期間中に休学を予定している学生は対象外です。また、RA委嘱後、RA研究補助業務実施期間中に休学となった場合については、休学となった月からRAは辞退となります。社会人学生は勤務先が副業を認めていることを確認の上、手続きを進めること。)

留学生チューター

担当:学生支援