Tsukuba Informatics: A Pioneer in the iSchool Movement in Asia-Pacific

 筑波大学の情報学学位プログラムはiSchoolsのメンバーです。iSchoolとは”Information School”の略であり、Information Schoolsの世界的組織”iSchools”に参加し、情報学の研究教育の発展に努力しています。

 20世紀末より米国で始まったiSchool Movementにおいて、「情報」「IT」「人とコミュニティ」を総合的に扱う学際スクールの重要性が提唱され、米国をはじめとして各国にiSchoolが誕生しました。現在では、 iSchoolsのメンバーとなるスクールは世界で100以上になっており、大学ランキングの一つであるQS University RankingのLibrary & Information Managementにおいては上位のほとんどがiSchoolです。

 iSchoolが伝統的な情報工学や図書館情報学の大学院とは異なり、その大きな特徴は多様性と学際性です。本学位プログラムは情報に関連する多様な専門の教員を網羅する世界的にも最大級のiSchoolの一つであり、教員、学生、スタッフの全員がその多様性と学際研究のビジョンを共有しています。情報化社会の発展がますます加速している今日、「情報」「IT」「人とコミュニティ」を横断的に扱うiSchoolはますます重要性を増しています。例えば(1) Digital Humanities、 Citizen Science、 Human-in-the-loop等の情報化社会の新しいパラダイム (2) 情報化社会におけるバイアスの排除やトラストの実現 (3) 文献、センサー、SNS等大量に生成されるデータ管理と高度活用(4)人に寄り添うAIの実現 (5) 現実世界とバーチャル世界の統合、など、今日の情報化社会の課題の多くが3つを横断する必要のあるトピックです。本学はiSchool Movementの中で日本国内やアジア太平洋地域を1990年代より長年にわたりリードしてきた歴史があり、QS University RankingにおいてもLibrary & Information Managementの分野で上位に位置し、本学位プログラムはアジア太平洋地域の主要iSchoolの一つとして認識されています。

本学位プログラムは、多様な背景、国籍、文化、経験を持つ学生を歓迎しています。情報工学、図書館情報学、メディア情報学、社会情報学など様々な背景を持つ学生が、高度技能の取得、先端研究、キャリアチェンジなどのために在籍しています。

参考サイト:
The iSchool Movement: https://ischools.org/The-iSchool-Movement
The Asia-Pacific iSchools: https://asistdl.onlinelibrary.wiley.com/doi/epdf/10.1002/bul2.2016.1720420407